女子プロレスラーに関する無責任な動画

インターネット

YouTubeで女子プロレスに関するあまりにも不勉強で無責任な動画を見つけてので紹介しようと思います。

問題の動画を下記に貼っておきます。

私はプロレスファンなので女子プロレスも見ます。

まず女子プロレスの客層、ファン層の多くは男性です。さらに女子プロレスラーはルックスもよくスタイルも良い方が多いです。さらに現在は本業がモデル(赤井沙希)や本業がグラビアアイドル(白川未奈)のようなレスラーもいます。アイドルが歌とダンスというパフォーマンスでビジネスをしているように女子プロレスはプロレスというパフォーマンスでビジネスをしているのです。

要するに女子プロレスラーはアイドルと同じ境遇にあるのです。

これは現在に始まったことではありません。1990年代にはすでに女子プロレスラーのアイドル化は始まっていました。写真集を出版した女子プロレスラーは珍しくありません。井上貴子は1994年にヌード写真集を出しています。井上貴子以外にもセミヌードを公開した女子レスラーもいます。

このような男性を対象に人気ビジネスを行っている方が合コンに行くのですか?

当然ですが恋人を作るのに苦労することもありません。

私も女子プロレスを見ますが、ぜひ恋人になってほしいと感じる女子プロレスラーはいます。隠れてこっそり男性と付き合うのであれば恋人作りに苦労するわけがありません。

そもそも論ですが女子プロレスラーを恋人にしたいと考えている男性ファンはゴロゴロいます。

女子プロレス以外では実業団のバレーボール、バスケットボールの世界も女性だけの世界です。当然ですがこれらのスポーツでも練習、ウエイトトレーニングはしていますので環境は女子プロレスと同じです。

これらのスポーツも一部の選手はアイドル化しています。

つまり環境的には女子プロレス(場合によってはアイドル)と同じということです。しかし、これらのスポーツの選手が合コンに行きますか?

恋人に関してはチームが厳しい目を光らせていると聞いているので隠れて付き合うことは厳しいのではないでしょうか?

この動画の中では禁酒、禁煙、禁男と紹介されていますが、これは1980年代の全日本女子プロレスの規則であり現在では、これはありません。この動画の製作者はこのような基本的なことさえ知らないのです。これに加えて男子プロレスラーと女子プロレスラーが恋愛、結婚に至るケースもあります。一番有名なのが佐々木健介と北斗晶ではないでしょうか?

これ以外では田中稔と府川由美、維新力と穂積詩子がいます。

非道と工藤めぐみというファンからすれば意外なカップルもいます。

世界最大のプロレス団体、アメリカのWWEでもプロレスラー同士の職場結婚は珍しくありません。

男子プロレスラーから見れば女子プロラーは女性であり恋愛の対象であるのが現実です。

女子プロレスラーを誘ってみてと、この動画にはありますが上記しているように女子プロレスラーの人気はアイドルと同等の人気を持っています。そのような人気ビジネスをやっている方を一般人がどうやって誘うことができるのでしょうか?

女子プロレスラーに声をかけて誘うことができるのであればとっくの昔にやっている。」これがファンの本音です。

結論を言えばこの動画は創作です。

それも女子プロレスを理解している方であれば易々と見抜けるレベルの創作です。

創作を事実と称して動画を公開して広告収入を得ること自体は悪いことではありません。ただ創作をするのであれば、もう少し勉強して真実味を持たせた動画を公開するべきではないでしょうか?

ちなみに、このチャンネルの動画をいくつか見たのですが明らかに創作であることが丸わかりの動画が多いです。これらの動画が事実であるのであれば事実関係を確認するだけでも大変な作業です。

エモル図書館〜時々、エビル〜
エモル図書館は心が綺麗になる実話を中心に、人が前向きになる漫画をアップしています...。 しかし、エモル図書館の隣にあるエビル図書館も時々出現します。その時は人によっては心が汚くなる動画になります。しかし、生き残るための貴重な情報です。 エモル図書館はバグった人間が集まり、人間がどうして壊れるのかを研修している「...

これに加えて動画の更新頻度が非常に高いです。

再度書きますが、これらの動画の内容が事実である場合、事実関係を確認するだけでも大変な作業です。

事実関係を確認して動画の作成をしていた場合、これだけの頻度で動画の更新は不可能です。

嘘を事実と称して動画を公開して広告収入を得ること自体は問題ではありません。しかし、これだけ嘘の動画を公開していることは問題があるのでないでしょうか?

一昔前の男性週刊誌を見る感覚で動画を見られている方が多いと思うので構わないではないか?

当然このような意見もあると思います。さらにこれはこれでビジネスとして成立しているので問題はないと考えてもいいのでしょうが、今回紹介した女子プロレスの動画はあまりにも酷いのでブログに書きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました