スポンサーリンク
伊藤詩織事件

伊藤詩織事件・週刊新潮編3

伊藤詩織はTBSワシントン支局で働くことは決まっていません。 これは週刊新潮の記事のタクシー運転手の証言で証明されます。
特撮・アニメ

円谷英二のオプチカルプリンター購入にまつわる問題

1965年に円谷英二がアメリカ、オックスベリー社の高性能光学合成機オプチカルプリンターを何の躊躇いも迷いもなくポンと注文したことは有名な話です。 これは当時の特撮合成の最新鋭の高性能光学合成機材で世界に2台しかなかったものです。 ...
特撮・アニメ

「帰ってきたウルトラマン」での榊原るみの降板はトラウマです

「帰ってきたウルトラマン」の第37話、38話について書こうと思います。 「帰ってきたウルトラマン」第37話「ウルトラマン 夕陽に死す」これは当然ですが児童層の時にリアルタイムで見ています。さらに次の第38話「ウルトラの星 光る時」これ...
スポンサーリンク
伊藤詩織事件

伊藤詩織事件・週刊新潮編2

伊藤詩織は「ブラックボックス」出版前にすでにジャーナリストとして活動をしています。正確にはジャーナリストを職業にしています。 当然ですが、これは山口敬之に依頼してなった訳ではありません。 要するに自力でジャーナリストになっているのです。 そうであれば何故ジャーナリスト志望と称して山口敬之に就職相談をしたのでしょうか?
伊藤詩織事件

伊藤詩織事件・週刊新潮編1

伊藤詩織の狂言を最初に報じたのは週刊新潮です。この週刊新潮の記事と伊藤詩織の著書「ブラックボックス」で事件の説明が違い過ぎます。 週刊新潮またはブラックボックスのどちらかが確実に嘘になります。
伊藤詩織事件

週刊新潮2017年5月18日号「伊藤詩織事件記事」

「伊藤詩織事件」の始まりは週刊新潮2017年5月18日号が報道したのが最初です。 私はこの週刊新潮を持っているのですが、持っていなくて問題の記事を読むことができないという方がいらっしゃるようです。 今回「伊藤詩織事件」を公開して...
特撮・アニメ

仮面ライダー放送当時の普通とは何か?3

仮面ライダー放送当時の普通とは何か? 3回目です。 旧1号編で藤岡弘(名称当時以下同)は危険なアクションを実践。大野剣友会と危険なアクションを展開しました。 2号編でも危険なシーンはあります。 第39話「怪人狼男の殺...
伊藤詩織事件

伊藤詩織事件番外編1

伊藤詩織がノートパソコンで撮影されたかもそれない。このように主張したのは合意の上で性交渉をした証拠が残っている可能性があるからです。 警察に被害を届けた時にもノートパソコンの映像を主張していると考えて問題はないでしょう。 伊藤詩織はこの映像がないことを確認しなければならないのです。 この映像が存在したら、その後の顔出し記者会見「ブラックボックス」の販売も全て中止になってしますからです。
特撮・アニメ

仮面ライダー放送当時の普通とは何か?2

「仮面ライダー」第7話でのジェットコースター上での藤岡弘(名称当時以下同)のアクションを紹介しましたが、この時の撮影ではバイクでのスタントも行っています。 仮面ライダー放送当時の普通とは何か? 階段をバイクで駆け上がる藤岡弘 ...
特撮・アニメ

仮面ライダー放送当時の普通とは何か?

以前コメントに書かれていた「仮面ライダー」放送当時の普通とは何か? これに関してはずっと書こうと考えていたので今回書こうと思います。 まずはっきりと言えるのは現在の感覚では異常ということです。というよりも当時の感覚でもかなり問題...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました