Leaning for allなる如何わしい組織

インターネット

Facebookに下記の広告が掲載されていました。

1日33円からのご支援で、学習支援と安心の居場所を。
learningforall.or.jp
【日本で、7人に1人の子どもが貧困に起因する困難に苦しんでいます】
生活保護世帯の母子家庭で育つ中学生の男の子。
母親が仕事で家を空けることが多く、家事の手伝いが必要なため、家で勉強する時間が取れません。
算数からつまずきを抱えていますが、塾に行く余裕がないため、学習の遅れを解消できずにいます。
また、「どうせ自分はバカだから、何をやってもできない」と、自信を失ってしまっています。
彼がこのような状況にいるのは、彼が努力をしなかったからでしょうか?
1日33円からのご寄付で彼に人生を切り拓く力を。
この広告でおかしいのが生活保護世帯の母親が仕事で家を空けることが多いと書かれていることです。
これが事実であれば母親の収入で生活が成り立つので生活保護の対象外となることです。
つまりこの広告の記事は創作です。
この組織に関しては事実と異なる説明をして寄付金を集めているのですから、おそらくボランティアに名を借りた一種の詐欺行為になるのではないでしょうか?
問題はこれだけではありません。「家事の手伝いが必要なため、家で勉強する時間が取れません。」このようにありますが家事の手伝いをする子供がいることは今に始まったことではありません。昔からこのような境遇の子供は珍しくありません。
さらに、これは広告です。事実「FaceBookとの関連はありません」この記述があります。
ボランティアで寄付のお願いをするのに何故、広告掲載をしているのでしょうか?
広告料を寄付に回せばいいのではないでしょうか?
再度書きますが母親が仕事で家を空けていることが多いのであれば、母親の収入で自立した生活が可能であり生活保護の対象から外れます。
これは少し考えれば見抜けるレベルの嘘です。
このようなボランティアに名を借りた詐欺紛い行為に協力しないように皆さんも気をつけてください。
それと、このような広告には騙されないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました