スポンサーリンク

伊藤詩織事件6

伊藤詩織事件
スポンサーリンク

伊藤詩織事件の6回目になります。

重要なことですので今回も書きますが私は山口敬之とは面識がありません。当然ですが山口敬之を擁護するためにこのようなブログを書いているわけではないということです。

スポンサーリンク

逮捕状の疑問

逮捕することを被害者に事前に連絡することは原則ありません

今回は前回の逮捕状の続きです。

②ですが逮捕しますと被害者に連絡するということは捜査状況を外部に漏らすということになります。

これに関しても2019年11月28日に地元の警察署に行って刑事の方に質問をしました。

逮捕することを事前に被害者に連絡することはないそうです。

事前に逮捕することを被害者に連絡するのは逮捕と同時に捜査に被害者の協力が必要な事件に限るそうです。

ところが133ページ

 衝撃の電話

この電話から四日後、逮捕予定の当日に、A氏から連絡がきた。もちろん逮捕の連絡だろうと思い、電話に出ると、A氏はとても暗い声で私の名を呼んだ。

「伊藤さん、実は、逮捕できませんでした。逮捕の準備はできておりました。私も行く気でした、しかし、その寸前で待ったがかかりました。私の力不足で、本当にごめんなさい。また私はこの担当から外されることになりました。後任が決まるまでは私の上司の〇〇に連絡してください」

(中略)

137ページ

「どこに聞けばいいのだろう」そんな考えがぐるぐる頭を回った。

私はすぐに、泊まっていたドイツの友人宅に戻り、キッチンから電話をかけた。当時この事件を担当していたM検事に、話を聞きたかったのだ。

M検事にあてに電話をかけると、「M検事はこの件から外れた」と、電話に出た人は言った。

西日の強く差すキッチンで、野菜や果物がたくさん入ったバスケットを眺めながら、今すぐにでも真相を追求しに東京に戻るべきだと思いながら、一方で日本にいなくて良かった、と思った。

よく晴れたとても爽やかな日だった。いつもの曇りきったベルリンの空ではなく、天気だけは良かった。少なくとも、今日この街で電話を受けたことは救いになった。

なぜ伊藤詩織はこの時ドイツに滞在しているのしょうか?

この記述がありますが、不可解なことがあります。

逮捕を事前に被害者に知らせるのは逮捕と同時に捜査に被害者の協力が必要な場合です。

これも2019年11月28日に地元の警察署に行って刑事の方に質問をして、この回答を得ています。

要するに逮捕予定の六月八日に伊藤詩織は日本の、それも東京に居なければならないのです。

ところが逮捕当日、伊藤詩織はドイツにまだ滞在しているのです。

スポンサーリンク

疑問はまだあります

なぜ受けた電話でM検事に電話をしていないのしょうか?

逮捕当日、A氏から電話がきて伊藤詩織は逮捕中止を知ります。

ところが

 私はすぐに、泊まっていたドイツの友人宅に戻り、キッチンから電話をかけた。当時この事件を担当していたM検事に、話を聞きたかったのだ。

何故、伊藤詩織は受けた電話で、そのままM検事に電話をかけないのですか?

私なら受けた電話で、そのまま電話をかけます。

M検事に電話をした時間は日本は真夜中です

さらに

 M検事あてに電話をかけると、「M検事はこの件から外れた」と、電話に出た人は言った。この人もだ。逮捕のストップがかかった当日に、この件を担当していたA氏も検事も、誰もいなくなった。

西日の強く差すキッチンで、野菜や果物がたくさん入ったバスケットを眺めながら、今すぐにでも真相を追求しに東京に戻るべきだと思いながら、一方で日本にいなくて良かった、と思った。

よく晴れたとても爽やかな日だった。いつもの曇りきったベルリンの空ではなく、天気だけは良かった。少なくとも、今日この街で電話を受けたことは救いになった。

この箇所で不可解なことは

M検事に電話をかけると

こうありますが同時に

西日の強く差すキッチンで

とあります。西日の刺す時間帯は日没前です。ベルリンの6月の日没時間は20時過ぎです。つまり西日の差す時間帯は19時〜20時の間になります。日本時間は3時〜4時になります。

ドイツ ベルリン日の出日の入り時間
このページには、美しい日の出や日没の写真、現地の現在時刻、タイムゾーン、経度、緯度、ライブマップを含むドイツ ベルリン内の日の出と日没の時間を示しています。

当然ですが検察庁は閉まっています。電話をかけても誰も出ません。

つまり創作です!

6月のドイツは晴れが多いです

続いて

 よく晴れたとても爽やかな日だった。いつもの曇りきったベルリンの空ではなく、天気だけは良かった。少なくとも、今日この街で電話を受けたことは救いになった。

このようにありますがインターネットで調べたのですが、この時期のドイツは曇りがちの天気ではありません。晴れが多いのが現実です。

伊藤詩織は本当にドイツに行っていたのでしょうか?

スポンサーリンク

中村格が逮捕を中止したことは証明されていません

逮捕停止は国会でも証明されていません

188ページ

A氏は逮捕が取り止めになった当日、「ストップを掛けたのは警視庁のトップ」と言ったが、捜査一課と二課は刑事部に所属しており、その上には刑事部長がいる。「トップ」というのは、「刑事部長」を指すのではないか、という情報を私があるジャーナリストから聞いたのは、二〇一五年の秋頃のことだった。

当時の刑事部長は、中村格氏だった。A氏によると、逮捕当日、その後の聴取に備え、捜査資料はすべて高輪署に備えていたという。それなら、中村氏は何を見て、どのように逮捕の中止を判断したのだろうか。

この記述があります。

ところが中村格が逮捕を止めた、これに関しては一切の裏付けが示されていません。

中村格が逮捕を止めたことを証明する内容がどこにも書かれていないのです。

それ以前に逮捕状を発行された状況で中村格が独断でこれを止めた。これが事実であれば、とんでもない大問題です。

この逮捕停止に関しては柚木道義衆議院議員が国会で質問までしています。

ところが何の問題にもなっていません!

つまり逮捕状は発行されていない可能性があると考えます。

少なくとも私は逮捕状が発行されていないと考えています。

この件で反論がある方は逮捕状が発行されていたことを直接、間接的どちらでも構わないので証明して下さい。

中村格以外なぜ匿名にしているのでしょうか?

この逮捕停止には、まだ疑問があります。

中村格を実名で書いているにも拘らず。

捜査員A氏 匿名

A氏の上司〇〇 匿名

M検事 匿名

あるジャーナリスト 匿名

逮捕停止が事実であると主張するのであれば、すべて実名で書く必要があると考えます。

もっと言えば

中村格 警察庁採用の国家公務員

捜査員A氏 高輪署勤務に勤務しているので地方公務員

A氏の上司〇〇 これも警視庁で捜査を担当しているので地方公務員

M検事 検察庁採用の国家公務員

あるジャーナリスト 民間人

※警視庁に採用された警察官は東京都の職員で地方公務員になります。

中村格は国家公務員で実名表記しています。そうであれば同じ国家公務員のM検事を匿名で表記していることは明らかに不可解です。

とりあえず書いただけでもこれだけの疑問、証明されていない出来事が出てきます。

「ブラックボックス」という本がどれだけおかしな内容かは理解できると思います。

とてもじゃないですがジャーナリスト志望の方が書いた本とは思えません。

重要なことですが私は山口敬之とは面識はありません。

要するに山口敬之を擁護する動機は私には無いということです。

それにもかかわらず伊藤詩織という人物に対する不信感、疑問が湧いてきます。

これ以外にも、この事件では伊藤詩織に対する疑問があります。

重要なことですので、このブログを読まれた方は私の意見を鵜呑みにしないでご自身で「ブラックボックス」を読んで判断をしてください。

場合によっては

つづく!

伊藤詩織事件7

下記リンクで伊藤詩織事件を全て表示できるようにしています。

伊藤詩織事件

伊藤詩織事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
gavandynamicをフォローする
スポンサーリンク
ギャバンダイナミック

コメント

  1. ボン より:

    逮捕状は発行でなく、発布な。あと、逮捕にストップかけたの中村格自身認めてるんだが?

    • gavandynamic より:

      逮捕状は発行であり発布ではありません。
      発布は不可能です。
      失礼ですが「発布」の意味を調べることをお勧めします。
      それと中村格が逮捕停止を認めたとする根拠は週刊新潮平成29年(2017年)5月18日号だけです。
      これを私は持っています。
      今日改めて読んだのですが、この記事を冷静に読むと中村格が逮捕停止を認めたと解釈するのは無理です。
      要するに逮捕状が発行されていたことは証明されていないのです。

  2. ボン より:

    新潮以外も報道してるが?

    • gavandynamic より:

      コメント返信遅くなり申し訳ありません。
      週刊新潮以外のメディアも逮捕停止と報道しているところもありますが、週刊新潮の後追い記事しかないのが現実です。
      中村格に対し取材をして逮捕停止の事実確認をしたメディアはありません。
      それと報道されたイコール事実とは限りません。
      国会で柚木道義衆議院議員が追及すると発言をしていながら、その後この問題に付いて発言すらしていません。当然ですが国会での証人喚問の要求すらされていません。
      この逮捕停止が事実であることを証明すれば1955年以降一時期の例外期間を除き続いてきた自民党政権が終了するにも関わらずです。

  3. ボン より:

    発布に関して弁明は?

    • gavandynamic より:

      失礼ですが発布に対してはすでに答えています。

      「失礼ですが「発布」の意味を調べることをお勧めします。」

      まずご自身で「発布」の意味を調べていただくようお願いします。

      • ボン より:

        いや、Twitterに写真を送りましたが見てませんか?刑訴のテキストが間違ってると?

        • gavandynamic より:

          Twitterにツィートしてますがリツィートがないのでこちらでも書かせていただきます。

          すいません。
          刑訴のテキストの写真来てませんが?
          私の見落としの可能性もありますが、申し訳ありませんが再度送っていただけないでしょうか。
          よろしくお願いします。

          • ボン より:

            ダイレクトメール送れるようにしてくれませんか?それなら手っ取り早い。

  4. ボン より:

    …あと、あなたTwitterでは一条ってアカウントですよね?

  5. ボン より:

    人に調べろっていうけど、あなた六法すら持ってないのでは?法律に限らないけと、ネット見て勉強した気になってはダメですよ。学問に王道なしってね。

  6. 高木 より:

    裁判所に逮捕状を発行させるには、逮捕に該当する理由が必要。
    逃亡や証拠隠しなどの危険性があると裁判所が認めないと発行されない。

    捜査員Aが事前に逮捕情報を他人に漏らすことなどありえない。
    決して肉弾接待により堕ちたのではない。
    妖精からの電波により作り出された妄想だと思える。
    頭の中に住んでる妖精のいたずら。

    週刊新潮の記者の質問は、逮捕中止命令をしたのか ではなく 捜査中止命令をしたのか?だったんだと思う。
    その質問に対して、捜査中止命令などしていないと黒川氏は返答した。

    それが何故か伊藤の頭ではそれが現実で、妖精が作ったストーリーをジャーナリストの清水氏に伝え、清水氏は新潮に伝え、かくして記者は記事を書いた。

    新潮は最初から捏造・切り取りによる印象操作で読者を操り、安倍総理を貶めて金儲けしようと悪意でやったわけではない。たぶん・・・(笑)

    訴えられた被害者には気の毒だが、

    「黒い箱を開けてのぞくと、黒い妖精たちもこちらを覗いてた。その様子にぞっとするどころか あまりにも稚拙すぎて腹筋崩壊寸前。(笑)

    • gavandynamic より:

      >裁判所に逮捕状を発行させるには、逮捕に該当する理由が必要。
      >逃亡や証拠隠しなどの危険性があると裁判所が認めないと発行されない。

      その通りですね。
      この事件を関係各所に電話で質問を重ねて知ったのですが小説、ドラマ等で知っている知識と現実とはかなり違うことが分かりました。
      逮捕状は簡単に発行できるものではありません。
      逮捕とは身柄を拘束さるので逮捕期間中は社会から隔離され弁護士以外と会うこともできません。逮捕自体が刑罰の要素を含んでいるのが現実です。
      逮捕した容疑者が起訴すらされなかったら警察の問題に発展するのが現実です。

      捜査員Aは妖精さんの創作です。
      「ブラックボックス」を刑事の方が読まれたら呆れ返るのは間違いありません。

      週刊新潮の件ですが中村格に話を聞いたのは事実かもしれませんが「この件に関して質問したのか?」こう言わざるを得ません。
      週刊新潮の記事もツッコミどころ満載な内容です。
      ちなみに問題記事を掲載した週刊新潮は持っています。

      「ブラックボックス」は妖精さんのテレパシーで書かれているのが丸わかりの稚拙な内容のオンパレードです。
      このような本を書いた人を信用できると報道しているのですからマスコミ、ジャーナリストも妖精さんとテレパシー交信ができるのでしょう?

      それと私はブログで「地元の警察署で2019年11月28日に刑事の方から逮捕を事前に被害者に知らせるのは逮捕と同時に捜査の協力が必要な場合」このように書いていますが、その後同じ警察署、別の警察署、電話で警視庁捜査一課、原宿署、高輪署の刑事の方に同じ質問をしたところすべて「逮捕を事前に知らせることはない」このようにはっきりと言われています。
      私が2019年11月28日に聞いた刑事の方は申し訳ありませんが優秀な刑事ではないと考えます。
      この質問をしたとき「ブラックボックス」の132ページを見せて「警察はこのようなことをするのですか?」このように質問したところ明らかに動揺して上記の回答をされました。
      優秀な刑事の方であれば「ブラックボックス」を見せても「そのようなことは警察はしない」「もしこれが事実であればかなり特殊な事例だ」このように回答します。
      これは、この事件を調べて警察への質問を重ねていき経験を積んだ関係で言えることです。
      私もそろそろジャーナリストを名乗ってもいいのではないか?
      そのくらい関係各所へ電話で質問(取材)をしています。

      • 高木 より:

        まず 逮捕状を発行するだけの要件を満たしていない以上、逮捕状は発行されなかった。

        伊藤が言うには、捜査員Aから山口氏を逮捕することになるから 帰国しろという要請を受けていたと。
        しかし、伊藤は帰国せず、逮捕の日も海外にいたことになっている。
        その後友達とフランス旅行したりして遊び惚けていたようだが。。。

        山口氏が言うには、一時帰国後 警察から任意による事情聴取を何度も受けたそうだ。
        パソコンの中身も調べられ、圧迫聴取を何度も受けたあげく、「ブラックアウト」という言葉を刑事から聞いたそうだ。

        伊藤がホテルで目覚めるまで、記憶が無い理由が、ブラックアウトだと説明がつくと刑事は合点がいったわけだ。

        ところが、山口氏の陳情書を読むと、ブラックアウトどころか、伊藤から山口氏の体を触り、誘い、シャワーも浴びていない山口氏のナニをくわえ。。。。。
        ガッツリ山口氏の頭をつかみ自分に引き寄せ、股を自ら開き「さあ 早く」とばかりにせがんだ結果 醜態を体でもみ消そうと、そこまでしてと哀れさを感じて山口氏は伊藤からの性交の誘いを受けたとなっている。

        そうやって肉弾接待でどうしても正社員の仕事が欲しかった伊藤の目的はなんだったのか。
        才能も無い英語も間違いだらけ 日本語もおかしい。ジャーナリズムも勉強していない。
        そんな伊藤が、NYでジャーナリストとして働けるはずもない。

        だが、海外で性被害者役者としては成功していますね。

        嘘つき捏造金儲け女に騙されて寄付金を貢ぐ信者の方に哀れみを感じる。

タイトルとURLをコピーしました