スポンサーリンク

伊藤詩織事件8

伊藤詩織事件
スポンサーリンク

伊藤詩織事件の8回目です。

重要なことですので今回も書きますが私は山口敬之とは面識がありません。当然ですが山口敬之を擁護するためにこのようなブログを書いているわけではないということです。

何回も書いていますが、この本の内容はあまりにも不可解なことが多すぎます。このような内容で一人の人間を犯罪者と断罪するには余りにも問題があると考えます。

スポンサーリンク

伊藤詩織は事件前からジャーナリストとして活動しています

なぜ山口敬之に仕事の相談をしたのでしょうか?

この本を読みはじめて、すぐに疑問が出ました。これはすでに多くの方が指摘している内容です。

5ページ

 これまでおよそ60ヶ国の国々を歩き、コロンビアのゲリラやペルーのコカイン・ジャングルを取材したこともある。こうした話を人にすると、「ずいぶん危ない目に遭ったでしょう」と訊かれる。

この記述があります。

これから分かることは伊藤詩織は山口敬之に暴行を受けたとされる以前、すでにジャーナリストとして活動していたということです。このような自分の身の安全を守らなければならない危険地域での取材活動をインターンにやらせる報道機関はありません。このような危険地域での取材には身の安全を守るために安くはない取材費用が必要です。要するに報道機関に所属しているか、または、安くはない取材費用を負担し取材後、自身が取材した記事、写真、映像等を報道機関に販売しているかのどちらかです。ただ、どちらにしてもジャーナリストとして生計を立てていなければなりません。つまり山口敬之から性被害を受ける前から伊藤詩織は職業としてジャーナリストとして活動をしていた。さらに、それで生計を立ていたことになります。

そうであれば何故、ジャーナリスト志望と称して山口敬之に就職の依頼をしなければならいのでしょうか?

これ以外にも

およそ60ヶ国の国々を歩き

との記述がありあますが60ヶ国もの国に取材で行った場合、1ヶ国に平均で1週間滞在したとしら、それだけで1年2ヶ月の日数がかかります。

この時、どこに生活拠点があったのかは不明ですが、取材終了後、生活拠点に帰って2週間程度間を開けて取材に行ったとすれば、それだけで3年6ヶ月の期間が必要です。

これだけの取材活動をしていたのであれば再度書きますが、伊藤詩織は山口敬之に性犯罪の被害を受ける前すでにジャーナリストとして活動し、さらにその収入で生活していなければなりません。

もし、3年6ヶ月も期間がかかっていないとしても、どう少なめに考えても2年半はかかっていると考えて問題がないと考えます。

これだけの期間ジャーナリストとして活動したのであれば、どう考えてもジャーナリストとして収入を得て生活をしていなければ筋が通りません。

いつこのような活動をしたのでしょうか?

これにはまだ疑問が生じます。

伊藤詩織はニューヨークの大学へ通っていたことになっています。

それではいつ、どの時期にこのような活動をしていたのですか?

5ページ

 これまでおよそ60ヶ国の国々を歩き、コロンビアのゲリラやペルーのコカイン・ジャングルを取材したこともある。こうした話を人にすると、「ずいぶん危ない目に遭ったでしょう」と訊かれる。

これが事実であれば、この活動期間の時期を明らかにする必要があります。

そうでなければ嘘つきと言われても反論ができません。

この箇所には、まだ疑問というより問題があります。

それは「延べ」が入っていないことです。延べ数について説明をします。

例えば私が外国へ旅行をしたとします。

韓国へ2回、中国へ3回、タイへ1回、ベトナムへ1回の旅行をした場合、訪問国数は延べ7ヶ国になります。しかし訪問した国で言えば4ヶ国になります。

伊藤詩織は

およそ60ヶ国の国々を歩き

と「ブラックボックス」に書いています。

2021年2月現在の国連加盟国は196ヶ国です。つまり伊藤詩織は国連加盟国の3割を超える国を取材で訪れているのです。私は報道関係で働いた経験はありませんが、この訪問国数の多さは世界中の報道関係者の中で一番なのではないでしょうか?

そうであれば伊藤詩織はこれをギネスブックに申請すれば「世界で最も多くの国を訪れたジャーナリスト」としてギネスブックに掲載されることになります。

何故、これをしないのでしょう?

さらに、これが事実であれば伊藤詩織は自身のパスポートを公開するべきです。この本には事実関係が証明されていない記述がいくつもみられます。それが伊藤詩織に対する不信感、疑惑につながっています。そうであればパスポートを公開して私のように不信感、疑惑を持っている者を黙らせればいいだけです。

報道の現場ではじめて働いたのはロイターのインターンであると書いています

この本の不可解な記述はまだあります。

5ページ

 私はジャーナリストを志した。アメリカの大学でジャーナリズムと写真を学び、二〇一五年の帰国後は、ロイターでインターンとして働き始めた。そんな矢先、人生を変えられるような出来事があったのだ。

ジャーナリストを志した伊藤詩織がはじめて報道の現場で働いたのは二〇一五年の帰国後にロイターでインターンとして働き始めたのが最初という印象を読者に与える文章を書いています。ところが、それ以前に報道の現場で働いた実績があることを、この本で書いているのです。

日本テレビでインターンとして働いています

38ページ

 ニューヨークで大学卒業を目前にして、私は本格的にインターンシップの受け入れ先を探し始めた。現地にある働いてみたいと思うメディア関係者にメールを送った。その中に山口氏も入っていた。一年ぶりに連絡をしたが、山口氏は、

「TBSはいま、人が足りている。日本テレビはいつも人を募集してるみたいだから、自分の知り合いのニューヨーク支局長に連絡してみたら?」

 と、紹介してくれた。ウェブで募集の詳細を確かめ、面接とテストを受けて通過した後に、同じ年の九月から、日本テレビ(以下、日テレ)でインターンとして働き始めた。

この記述があります。

要するに二〇一五年に帰国してロイターでインターンを始める以前にニューヨークでインターンとして働いていると書いているのです。

これでは5ページに記載のある

 私はジャーナリストを志した。アメリカの大学でジャーナリズムと写真を学び、二〇一五年の帰国後は、ロイターでインターンとして働き始めた。

上記していますが、この記述だとロイターで働き始めたのが、はじめて報道の現場で働いたことになるよう読者に錯覚をさせてしまいます。

この5ページの箇所を書くのであれば

 私はジャーナリストを志した。アメリカの大学でジャーナリズムと写真を学び、アメリカ滞在中には日本テレビのインターンとして働いていた。しかし経済的な事情により帰国をすることとなったが、二〇一五年の帰国後はロイターでインターンとして働き始めた。

このような記述をするのが当然です。

ところが読者に誤解、錯覚を与えるような記述をしているのです。

この本が叙述トリックの推理小説であれば何の問題もありません。

嘘ではないからです。

ところが、この本は伊藤詩織が山口敬之に性被害を受けたと主張する本です。さらに伊藤詩織は日本のマスコミ(テレビ局、新聞社、出版社)に就職を希望しているのです。もっと正確にいえば日本語で情報発信をする日本の報道機関に就職を希望しているのです。そうであれば伊藤詩織は外国語の能力より、まず日本語の文章能力を高める必要があると考えます。

5ページの内容は創作です

伊藤詩織には60ヶ国の国々を歩く期間が存在しません

それと、このブログの冒頭に戻りますが伊藤詩織は

5ページ

 これまでおよそ60ヶ国の国々を歩き、コロンビアのゲリラやペルーのコカイン・ジャングルを取材したこともある。こうした話を人にすると、「ずいぶん危ない目に遭ったでしょう」と訊かれる。

これに対して

5ページ

 私はジャーナリストを志した。アメリカの大学でジャーナリズムと写真を学び、二〇一五年の帰国後は、ロイターでインターンとして働き始めた。そんな矢先、人生を変えられるような出来事があったのだ。

5ページに、山口敬之の事件との前に、どう考えてもジャーナリストとして活動し生計を立てていると判断せざるを得ない記述があります。

これまでおよそ60ヶ国の国々を歩き

この記述がそうです。

このブログに書いていますが、これだけの活動をしたのであれば、その後アメリカの大学でジャーナリズムの勉強をする必要がなくなります。

それに対し

アメリカの大学でジャーナリズムと写真を学び、二〇一五年の帰国後は、ロイターでインターンとして働き始めた。

このように記述しています。

つまり、これはどちらかの記述が確実に

創作になります!

これに反論がある方は、この矛盾を解消をできる説明をしてください。

もっといえば嘘でないことを証明してください。

どちらにせよ、伊藤詩織は自己紹介も満足にできないとい人物ということになります。

このような人物の言うことが信用できるのでしょうか?

このブログを読まれた方は私の意見を鵜呑みにしないでご自身で「ブラックボックス」を読まれて判断をしてください。

場合によっては

つづく!

伊藤詩織事件9

下記リンクで伊藤詩織事件を全て表示できるようにしています。

伊藤詩織事件

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Black Box [ 伊藤 詩織 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/4/8時点)

伊藤詩織事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
gavandynamicをフォローする
スポンサーリンク
ギャバンダイナミック

コメント

  1. ボン より:

    それだけの活躍をしてたのなら、大学で学ぶ必要がなくなりますの意味がわからない。私の大学時代の先生は、すでに博士号もってたけど、ドイツに留学したぞ?学歴にコンプレックスでもあんのか?それより、逮捕状は発行でないことは認める?

    • gavandynamic より:

      少なくともジャーナリストとして活躍していたのが事実でああれば大学で勉強する必要はなくなります。ジャーナリストという職業は現場で経験を重ねて実力を高めていく職業です。
      プロ野球で3冠王を獲得した選手が大学で勉強するのですか?
      それと「ブラックボックス」を読む限りでは、いつジャーナリストして活動していたのか書かれていません。さらに伊藤詩織には、このようなことをする期間は存在しません。

      逮捕状を発行することを発付と言っているのです。
      当然ですが発行できます。

  2. ボン より:

    キャリアアップのため大学や大学院に通うこともあるでしょ?繰り返しになるけど、私のゼミの先生は博士号を持つ教授だったけどドイツに留学したしな。それと、発行が不正確であったことは認めるんだね?

    • gavandynamic より:

      大学教授がキャリアアップのためドイツに留学したのが事実であれば、この教授は何を専門にしていたのですか?

      それと逮捕状は発行で正確ですよ!
      表現方法に対し何をムキになっているのですか?
      あなたは法律に詳しいんでしょ?

      • ボン より:

        さぁ?税法の先生だったから国際税法かな?ゼミもそうだったし。在職中に留学しにいったとしか聞いてないな。そんときは俺らのゼミどうなんの?くらいしか感想なかったね。

  3. 高木 より:

    小耳にはさんだ情報だと、神奈川の短大卒業後、六本木の風俗店に2年間精勤してたらしいです。
    風俗店での就業実績は裏がとれているようです。

    ただし、神奈川の某短大は、山口氏に提出した履歴書に書かれた学校名で、しかも現在は廃校となっており、在籍記録の確認が取れない。

    アメリカに留学するには、相当の金が無ければできない。
    国からの学費補助は、海外からの留学生には出ないから。
    しかも、生活費も必要なので、それだけの資産を持っていると証明しないと、学生ビザが下りない。

    伊藤は風俗店で2年間働き、店が開けると外国人が集まるバーに行き、男遊びをしていたそうだから、金はたまらなかっただろう。
    では どうやって 学生ビザが取れたのだろうか?
    どうやって賃貸で15万から30万するビンテージマンションに住み続けられたのか?

    まして2年間で60か国行く費用は、どうやって工面したのだろうか?

    1.パトロンに出してもらった。
    2.妖精さんによる妄想。
    3.ピースボートにただ乗りして、世界各地の工作員にブツを渡す仕事でチャラにしてもらっていた。
    4.全部嘘。 いや 妖精さんのデムパによりそう思い込んでいるだけ。

    さあ はった はった! (笑)

    https://www.itoshiori-kosatsu.com/ja/timeline-list-1/
    かなり活発に活動している落ち着きに無い妖精ですね、黒いけど (笑)

    • ボン より:

      高木さんや、その情報は誰から、どこから仕入れたんや?頭の中の妖精さんかな?

      • 高木 より:

        ボンさん
        どの情報ですか?

        伊藤が2年間風俗店に精勤してたってのは、プロパガンダバスターの・・・・・

        リンク貼ろうとしたけど無理ですね。
        毎回6時間近いライブだから、シャコオジサンのその発言を探し出す根性は無い!キッパリ!

        高校と短大の名前は、ツイッターより。

        アメリカの留学費用は、、、常識的に留学生にまでアメリカは自国民から集めた税金をやるほど太っ腹じゃないので、4年間の正規留学の費用は家一軒に匹敵すると知っていたから。

        伊藤は2年でドロップアウトしてるので、卒業してない。
        しかもジャーナリズムは専攻していない。(総合大学ではなく カレッジ)

        店が終わると外人が集まる店で男漁りしてたってのは、、、どっかでその情報を目にした。
        どこだったかなぁ?
        なんせ 伊藤の風俗店勤務時代にそこで働いていた人とか、客とかが情報あげてたらしい。

        それで、どの風俗店かわかり、勤務状況も調べることができたんじゃないか と。
        風俗店時代の写真や源氏名もネットで見れるし。
        自らネット公開してたものらしい。

        ビンテージマンションは、どうやってわかったんだろう?
        伊藤がそこの廊下でモデルに売春婦を連想させるエロエロポーズとらせ、撮影してたし、そのマンションを背に なんか商売の宣伝してるようだし。

        住んでたマンションがわかれば、持ち主を調べられ、その持ち主がどういう系統か調べれる。

        『こいつが妖精のパトロンか?』とか想像を膨らませぇの。
        この飼い主は他にどの不動産持ってるか、調べえぇの、と。

        まあ こんな感じで、ゲーム感覚でパズルを埋めてるっす!

  4. じる より:

    ボンはTwitterでもうざいけど、ここでもか。法律とかの本見ながら人のあげあしとるのって汚くない?カンペじゃない?ギャバンさん私まちがってます?

    • gavandynamic より:

      その通りですね。
      都合の悪いコメントはスルー。
      それでいてマウントを取ろうと薄っぺらな知識で意味不明な質問の繰り返し。
      とりあえずこの方は法律には詳しくないですね。
      Twitterでも同じような状況のようですね。

      • ボン より:

        ギャバンみたいに、ネット上の情報鵜呑みにするよりはマシや

        • gavandynamic より:

          私の書いたブログ「伊藤詩織事件」1〜8はすべて「ブラックボックス」の内容を考察したものです。
          https://gavandynamic.com/category/伊藤詩織事件/

          これに疑問点を関係各所に電話で問い合わせた内容が加えられています。
          どこにネット上の情報が書かれているのですか?
          書かれていると主張するのであれば、その箇所を指摘してください。

          • ボン より:

            いや、だってじるの言うこと肯定してるじゃん。じる=ボンなんやで。ネットは怖いよね。

  5. 高木 より:

    ボンさんへ

    何故か返信が反映されない。 バグか?

    いくつか証拠はあるが、伊藤の求職活動の履歴書を見てみよう。

    https://www.mandy.com/aa/crew/shiori-ito

    少なくとも2016年以降の時点だ。

    メアリーのHPにも写真学科に顔が映っている。

    • 高木 より:

      お? いけた! 反映された。

      ICPのHPで卒業記念作品の前で作品より自分に注目が集まるような恰好をした露出好きな伊藤の写真があったのを確認済。

      だが、それと全く同じ写真が、メアリーのHPにもある。

      何故ICPにもメアリーにも同じ写真が掲載されているのか。
      しかもたくさんいる学生の中で、何故伊藤を選び、両方の学校はHPに掲載したのか。

      さあ 推理の時間です。

    • ボン より:

      服装なんて関係ある?関係あったら山口の弁護士は裁判でとりあげるたろ?

      • 高木 より:

        服装? ドハデな衣装に対するレス?

        だとしたら。
        ファッションデザイナーはショーの最後に自分が舞台に上がるが、作品とは裏腹にダサイ恰好をしてるが、なんでだろうと考えたあげく、作品が主役だからだ という思いに至った。

        自分はあくまで裏方。主役より目立ってはいけない。

        そういわけで、伊藤以外の生徒は作品の横で Tシャツ着てすっぴんで立っているが、伊藤だけ どこの風俗嬢が紛れ込んだんだ?って場違いな恰好をして 「作品じゃなくて 私を見て!」なアピールをしていた。

        何かズレてんだよなぁ、、、、

        自分は子供の頃からモデルやっていたって自慢していたんで、掘ってみたが出てこない。

        だが 最近のは見つけた。

        これでモデル? wwww

        まさに 作品の寸法がわかるように 脇に立たされただけで、これでモデルねぇ、、、、、
        誰でもよかったんじゃね? って思った。

        就職相談でわざわざ家に帰り、風呂に入り、黒いふんどし下着をはく必要があったのかねぇ。

        もう やる気満々な肉食系デムパ女w

  6. 高木 より:

    gavandynamicさん

    伊藤詩織界隈の相関図をみたことあります?
    山尾の元夫の同級生は民主党の、、、みたいな相関図

    この相関図 50点だと思う。

    最近 飛び交うハエたちを見ていて、共通するものがあることに気づいた。

    北 朝 鮮

    伊藤の支援団体とか津田とか伊藤に関わっている奴らは皆、北に関係している。

    ということで、すべての大元は北朝鮮。

    この路線の相関図はまだ出てないから、作れば注目されると思う。

    • gavandynamic より:

      貴重なアドバイスありがとうございます。
      相関図に関しては見たことがありますが、深掘りしていないというのが現実だと考えます。
      つまり50点というのは当たっていると思います。
      ただ私の「伊藤詩織事件」は「ブラックボックス」の内容を考察したものです。
      もっといえば「ブラックボックス」の読書感想文です。
      伊藤詩織が書いて出版した本の内容が「嘘でしょ」こう言わざるを得ません。
      これが伊藤詩織支持勢力に都合が悪い関係で、このブログは注目されていると考えます。
      しばらくは「伊藤詩織事件」を更新していく予定ですが場合によっては相関図を深堀して公開するのも良いかもしれません。

      それと北なのですが伊藤詩織の登場で一番恩恵を受けたのは南です。
      伊藤詩織のスポンサーが誰なのか?
      これを判断するには現段階では情報が不足しているというのが私の意見です。

      • 高木 より:

        ブラックボックスは読んでいない。
        だが、ネットでBBに書いてある内容に対して、つっこんでいる人が多数いるので、それで書かれた内容を知ることになった。

        gavandynamicさんの記事にも書かれているので、「なるほど」と新たに本の内容を知ったわけです。

        伊藤の経歴を見たら
        https://www.itoshiori-kosatsu.com/ja/timeline-list-1/

        2013年4月に2009年に友人のホームパーティーで出会った、またこの時までに40ヶ国以上を旅したと記載。

        海外ではベビーシッターなど不法就労をしながら食いつないだと豪語しているようだが、ベビーシッターをフルにやったとしても、生活費すら稼げなかったように思う。
        ヒッチハイクをしながら移動していたのだろうか?

        それで思いついたのが、ピースボートのただ乗り。
        ポスター貼りをしたら、無料で乗れるらしい。
        (元自称慰安婦も、ピースボートにタダ乗りしていた)

        ピースボートなら一回20か国以上回るので、2回タダ乗り乗船したら、40か国になる。
        北欧経由とアフリカ・南極ルートだと、あまり国は重ならないし。

        それだって、観光地から遠く離れた港に寄港するので、そこから観光地に向かうために、旅費が必要。
        そのお金が無い人は、下船しない、つまり入国しないで、船の中で過ごし、船から外国を眺めるわけです。

        北朝鮮のハニトラ工作員ではないか と疑っている理由はそれなりにある。
        被害届を出した後、ヨーロッパに移り住み、そこから転々と移動しているようで、一体ヨーロッパで何をしているのか? 金はどこから? と思った次第です。

        ピースボートが北朝鮮の工作員を船で世界各地に運んでいたことが発覚 という記事も、前読んだことがあるし。

        伊藤の弁護士たちは、日本にいる北系の団体の会員であるという情報もどこかで見かけた。

        伊藤の寄付金ボックスの主催者は、韓国の北系の工作団体(挺対協)と一緒に活動をしている人物で、この女性も日本で慰安婦の件で騒いで金儲けしている北系。
        日本ディスしている津田大介も、慰安婦問題(もともと日本にいる従北系と、韓国にいる従北系が仕込んだ工作)や、皇室を侮辱することで金を稼いでいる。
        その津田と伊藤はタッグを組んでいる。

        ここまで従北系の人物が背後にいるのに、伊藤だけが北とは関係ないとは思えない。

        だから あの伊藤詩織の相関図は、左翼とのつながり程度しか表していないので、50点と思った次第だ。

        韓国じゃ 旧挺対協のネコババ女がつるし上げくらっているらしい。
        寄付金のほとんどを自称元慰安婦に使っておらず、元慰安婦ではないと知りながら、おばあさんたちに、お涙頂戴のパフォーマンスをさせ、寄付金をだまし取っていたという嫌疑がかけられている。

        この件は文大統領にまで飛び火して、文大統領は退任後刑務所行になると思う。

        そうなったとき、伊藤に資金提供をして活動させてきた従北団体は、勢力を失う。

        と見てるんだよね。

        寄付金詐欺してせしめた金は、挺対協の幹部らで山分けしてたわけじゃなく、工作費として使われてきたと思える。
        その一部が伊藤に流れた。
        伊藤はビジネスチャンスと工作を受け、仕掛けたと思うんだよね。

  7. gavandynamic より:

    ボンさんへ

    失礼ですがあなたが法律に詳しくないのは明白です。
    これは

    発布

    発付

    この違いを指摘できなかったことで証明されます。
    法律に詳しい方であれば誰でも知っている基本的な内容です。
    つまりあなたの法律知識が薄っぺらなのは事実です。

    あなたがTwitter上でうざいのも事実です。
    さらに自身のゼミの教授の留学に関しても有耶無耶な回答しかしていません。
    じるのコメントを肯定していていますがコメントの内容が事実なので肯定したに過ぎません。
    肯定=鵜呑みではありません。
    あなたは法律の知識だけでなく日本語の能力も薄っぺらですね!

    それと、ここはSNSではありません。私の運営するウェブサイトです。
    あなたのコメントは「伊藤詩織事件」とは何も関係のないコメントがほとんどです。
    「伊藤詩織事件」に関するコメントは構いませんが関係のないコメントは迷惑なのでやめていただくようお願いします。

    • ボン より:

      え?発布はありえない?え?テキスト間違ってた?ゼミの先生が留学したってのは事実やで?ウヤムヤ言うけど、留学したって事しか知らんかったんや。

      • 高木 より:

        他人が書いた文章を暗記してセリフをしゃべる段階で、その漢字はセイテイだと思って出力してしまうと、聞き手は意味がわからなくなるが、発行か発布か程度に目くじら立てるのは大人げないと思うんだよね。

        ゼミの講師の留学はありえると思う。
        2年契約とかして、次回更新がされないとなると失業するわけだ。
        他の当たったがどこからの採用されない。
        そうなると レベルアップが必要だとなるわけだ。

        自分にハクをつけるため、海外で名のある大学に留学するって、あるだろうから。

        海外の有名大学に留学して博士号を取得したって就職活動でアピールした方が、採用されやすくなるから。

        伊藤は、就職活動でICPで学んだとアピールしていた。
        何故メアリーではないのか?
        ICPは専門学校。

        しかも、どうやら 単位取得のために、一時的にダブルスクールで通った程度らしい。
        ICPで単位を取ると、メアリーの単位としても有効だったらしい。
        しかし そうやっても単位が不足で、ドロップアウト。

        では どちらも短期・中期在籍だったのに、何故 ICPの方だけ履歴書に記入したのか?
        ICPは写真専門学校だが、過去にピューリッツアー賞を取った人が在籍していたからだと思う。

        ハクをつけるならメアリー在籍ではなく ICPの名前を出した方がいい。

        その履歴には写真とジャーナリズムをICPで学んだとある。
        確かに、保育士の資格取得のために学校で楽器も学ぶ。
        だがメインは楽器が弾けるというのではない。
        幼稚園児相手に弾ける程度でいい。

        • ボン より:

          高木さんや、国語を勉強しなおしたほうがいいで。まずはそこからや。

          • 高木 より:

            他に火をつけて、そっちに人の目をひきつけているスキに、内部に侵入して破壊する というのを 偽旗作戦 という。

            それを狙ってgavandynamicさんの目を反らさせようとして、論点ずらしを繰り返しているように見えるが、図星ですよね。(笑)

            ただ、論点ずらしの偽旗たててgavandynamicさんを引きはがしたところで、多くの人は偽旗に目もくれず、核に切り込んでいってるよ。(笑)

            さて 次の回が出ましたね。
            ふむふむ。
            ずさんな妖精さんのたわごとを暴いているようですね。

            海外で伊藤を絶賛する人たちに、伊藤は現代の慰安婦だったと言ったところ、信じてもらえなかったんですよ。

            別に通りで体を売っているような立ちんぼ売春婦などではなく、韓国人がアメリカでマッサージ店という名目で買春して摘発されているように、伊藤が働いていた風俗店は何度も警察に摘発されているいわくつきの買春宿。
            ピアノバーにカモフラージュしては営業して、摘発され、ほとぼりが冷めたらまた営業。

            そんないかがわしい店に連れて行った山口氏の知り合いも なんだかなぁ。

  8. ボン より:

    ギャバンさんが憲法のテキストに発行って書いてあったぞと反論してくること期待してたが、そこまでバカではなかったか…残念

タイトルとURLをコピーしました