人間でありながら人間でない。その苦しみは私だけ2人だけで十分なんだ。

このブログのタイトルは「仮面ライダーV3」第1話でライダー2号がV3に改造前の風見志郎に言ったセリフです。

ストリーを紹介します。

風見志郎の自宅を襲うハサミジャガー

その目の前で家族が皆殺しに

そこに本郷猛が登場

ライダー変身

仮面ライダーに変身

ハサミジャガーを蹴散らす

ライダー2号も駆けつける

2号:本郷どうした。

1号:風見の家族が皆殺しにされた。

2号:なんだって。

1号:恐ろしい奴らだ。来てくれ。

風見:今日で俺限り人間であることを捨てる。復讐の鬼となって親父たちの仇は必ず取る。

仮面ライダーお願いだ俺を、俺を改造人間にしてくれ。

1号:風見お前の気持ちはよくわかる。しかし個人の復讐のために力は貸せない。

風見:しかし俺は

2号:改造人間は私たち2人だけでいい。人間でありながら人間でない。その苦しみは私だけ2人だけで十分なんだ。

このセリフの正確な言い回しは当然ですが覚えていませんが、何故かこのセリフがリアルタイムの記憶で強く残っています。

これに加えて旧1号ライダー編で「改造人間にされてもう普通の人間に戻れない」主人公の苦悩が描かれていて、これも記憶が強くあります。

つまり私にとって仮面ライダーは「人間でありながら人間でない。」のです。

これが私にとっての仮面ライダーの定義と言っていいでしょう。もっといえばかつてはこれが仮面ライダーの定義であったと言っていいでしょう。

この思い込みがある関係で私は現在放送されている「仮面ライダー」の名を冠した番組に強い違和感。もっと言えば憤りを持っています。

当然ですが現在には現在の「仮面ライダー」があるのは当然です。

さらに「仮面ライダー」は子供のものです。

「仮面ライダー」は玩具メーカーがおもちゃを売って利益を出す。このビジネスモデルでビジネスをやっています。

「仮面ライダー」の名を冠した番組だからスポンサーがついて、制作されているのも現実です。

「仮面ライダー」の名を冠した番組の制作に関わって生活されている方々が大勢いる現実も知っています。

東映の映画で年間で最も興行収入が多い作品が「仮面ライダー」と「戦隊シリーズ」であることも知っています。

つまり「仮面ライダー」の名を冠した番組は現在ではビジネスとして確立されているのです。

現実問題として「仮面ライダー」の名を冠した番組を終了させることは、この番組に関わって生活されている方々の生活を脅かすことになるのです。

これらをすべて私は理解しています。

それでも言いたいのは

かつて子供だった視聴者の思いを無視しても良いのか?

これです。

現在の「仮面ライダー」の関係者にはこの言葉を送りたいと思います。

人間でありながら人間でない。その苦しみは私だけ2人だけで十分なんだ。