W i-Fi接続時にパスワード認証画面が出ました

本日もこの画面が出ました

 

今日は夕方にインターネットを使用しました。

このときに「Googleに言論の自由はあるのでしょうか?」を公開しました。

風呂上がりに再度インターネットを利用しようとしたところこの画面が出ました。

私はインターネットをパソコンとポケットW i-Fiルーターで使用しています。

当然ですがパスワードは最初に接続するときにしか要求されません。

これはWindowsでもMacでも同じです。

ところが今年の3月に「伊藤詩織事件」を本格的公開するようになってから何回この画面が出てきたのかわかりません。それだけしつこくこのパスワード入力の画面が出ています。

2日続けてということも何回か経験しています。

この症状は今週に入ってから特に顕著になっています。

先日「伊藤詩織事件35」を公開してから特に酷くなっています。

当然ですがこのようなことをしてくるのはあの方しか心当たりがありません

ロイターアジア本社が存在しなことはそんなに不都合な事なのでしょうか?

シンガポールにロイタシンガポール支局は存在しますがロイターアジア本社は存在しません。

これは「ロイター」でインターネットで調べたら簡単に分かりました。

下記リンクのサイトで確認ができます。

https://www.thomsonreuters.com/en/careers/where-we-are.html?i=1&page=2&q=*&q1=page-type%3Alocations&q2=jurisdiction-subject-geography%3Aworld~2Fasia-pacific~2Fasia&rank=trcom_id_rank&site_id=thomsonreuters&sp_cs=UTF-8&sp_k=English-All&sp_s=title&view=xml&x1=w-page-type-id&x2=w-jurisdiction-id

山口敬之の弁護士は裁判でロイターアジア本社の存在を追及するべきです

山口敬之の弁護士は何をやっているのでしょうか?

私はこの事件とは関係のない第三者です。

その第三者がこれだけ都合の悪いブログを公開して、様々な嫌がらせを受けているのが現実です。

当事者は一体何をやっているのでしょう?

山口敬之の弁護士が誰なのか私は知りませんがシンガポール存在することになっているロイターアジア本社について現在東京高等裁判所で行われている民事訴訟で追及すればいいのではないでしょうか?

とりあえず報告でした。